開発環境構築

2024年のAnsibleとわたし

みなさんメリークリスマス! Red Hatのさいとう(@saito_hideki)です。 この記事は、Ansible Advent Calendar/Red Hat Advent Calendarの2023年最終日の記事です。 ここ数年、Ansible Advent Calendar/Red Hat Adivent Calendarでは、最終日に翌年のAnsibleプロ…

ローカルでのSource-To-Image (s2i)の検証

こんにちは、Red Hat Middleware Technical Account Managerのイアンです。 Technical Account Manager (TAM)として、お客様のシステムの安定稼働をさせるために私は、日々お客様からのサポートケースに対応しています。 その中で、お客様の環境、アプリ、現…

Podmanでcode-serverのcontainerを起動しサービスとして公開する方法

概要 Red Hat でコンサルタントをしている陳といいます。 仕事の中でお客様にワークショップを行うための開発環境を提供する場面があって、検討した結果、 ブラウザでhttpsでvscodeが使えるようにした。メリットは以下です。 お客様のセキュリティ対策で遮断…

* 各記事は著者の見解によるものでありその所属組織を代表する公式なものではありません。その内容については非公式見解を含みます。