Cryostat

コンテナ型アプリケーションにカスタム JDK Flight Recorderイベントを注入

JDK Mission Control (JMC) エージェントは、Java 仮想マシンを再起動することなく、ランタイムにカスタム JDK Flight Recorder (JFR) イベントを注入できる強力なツールです。JMCエージェントプラグインがコンテナ化されていない環境でエージェントを使用す…

OperatorHub.ioからKubernetes上へCryostat Operatorをインストール

Cryostat はコンテナネイティブのJVM アプリケーションで、JDK Flight Recorder(JFR) を使ってコンテナのプロファイリングと監視を行うためのセキュアな API を提供します。Cryostat 2.0では、他の機能として、OperatorHub.ioカタログの一部として提供されて…

JDK Flight Recorderデータへの高速アクセス方法

この記事では、Cryostat 2.0の特別なルール定義について紹介します。これにより、アプリケーションの通常スケジュールされたアーカイブプロセスを待たずに、JDK Flight Recorder (JFR) データにその場でアクセスできます。Cryostat の新しい `POST` ルール定…

Cryostat 2.0によるカスタムJFRイベントテンプレート

Cryostat 2.0の使い方をハンズオンで紹介するシリーズにようこそ。この記事では、JDK Flight Recorder (JFR) を使用して Java アプリケーションを監視するためのカスタムイベントテンプレートを事前に設定する方法を紹介します。まず、新しい Cryostat Opera…

JDK Flight Recorderのコンテナでの自動化

この記事は、Cryostat 2.0、またはコンテナ用JDK Flight Recorderを使用するためのハンズオンガイドのシリーズの一部です。この記事では、自動化されたルールのためのCryostatの新しいAPIを紹介します。この API の簡潔ながら強力なルール定義を際立たせる 2…

CryostatによるカスタムターゲットのJavaモニタリング

デフォルトでは、CryostatはリモートJava Management Extensions (JMX)とJMX-RMIが有効な接続性を持つ、発見可能で有効なターゲットを自動的に認識します。発見機能は、Kubernetes APIベースのサービスエンドポイントやJava Discovery Protocol (JDP)など、…

Cryostatを使用するためのJavaアプリケーションの設定

この記事は、先日発表されたCryostat 2.0に続くものです。これは、Java アプリケーションで Cryostat 2.0 を使用するための、いくつかの手引き書の最初のものです。この記事では、Red Hat OpenShift 上で Cryostat を使用するために Quarkus ベースの Java …

Cryostat 2.0を発表:コンテナ用JDK Flight Recorder

Cryostat は、JDK Flight Recorder (JFR) を使用してコンテナのプロファイリングと監視を行うための安全な API を提供する、コンテナネイティブな JVM アプリケーションです。JDK Flight Recorderは、バイナリのフライトレコーディングに保存されたJFRイベン…

* 各記事は著者の見解によるものでありその所属組織を代表する公式なものではありません。その内容については非公式見解を含みます。