非営利団体向け無償教育サービス「Red Hatアカデミー」のご紹介

Red Hatでは非営利団体や教育機関(わかりやすくいうと大学、専門学校などの学校)向けに一部のトレーニングを無償で提供しています。 学校でLinuxのトレーニングコースを作ったけれどもいつの間にか陳腐化して、古いコマンドで、古いOSのバージョンのまま授…

アプリケーション・モダナイゼーション: マイクロサービスのメリットって?

レッドハットのソリューションアーキテクトの森です。 今回は、アプリケーション・モダナイゼーションの話についてです。 企業のDXを実現するために、レガシーなシステムをマイクロサービス化する、という話は、皆さん一度は耳にしたことがあるのではないで…

JBoss EAP 6のセキュリティフィックスが行われなくなるのでEAP 7への移行を検討する

Red Hat のソリューションアーキテクトをしている瀬戸です。 JBoss EAP 6.xのELS-1 が2022年6月30日に終了します。 今後はELS-2となり、ELS-2は現在の製品リリースへの移行に関するアドバイスとガイダンス、問題の評価と回避策を含む限定的な継続的技術サポ…

OpenShiftでミラーレジストリを作成してインストールする

Red HatでOpenShiftのサポートをしているid:nekopです。 インターネット非接続環境でOpenShiftを利用する場合、ミラーレジストリを作成して非接続環境でイメージをホストする必要があります。このエントリでは、実際にミラーレジストリをセットアップし、そ…

Ansible の変数の受け渡し

レッドハットの杉村です。Ansible のテクニカルサポートをしています。毎月1つは何か書くことを目標にしています。3月分は3月38日(4月7日ですが)になってしまいましたが、4月は何とか滑り込みできました。 前回は変数の基本的なところを紹介しました。 rheb.…

Red Hat Application Services Newsletter 2022/5月号

Red Hat のソリューションアーキテクトの暮林です。 Red Hat にはクラウドネイティブアプリの開発に役立つ、ソフトウェアのラインナップが充実していることをご存知ですか? ここでは、それらのソフトウェア [Red Hat Application Services] に関する注目ニ…

OpenShiftのアップグレードパス

Red HatでOpenShiftのサポートをしているid:nekopです。 OpenShift 4ではOpenShift Update ServiceというAPIサービスにより特定のバージョンからアップデート可能なバージョン情報を提供しており、このガイドされたバージョン情報を利用することによって安全…

OpenJDK Shenandoah GC 日本語情報まとめ

Shenandoahは低い停止時間のガベージコレクタです。これは、実行中のJavaプログラムと同時に、より多くのガベージコレクション作業を行うことで、GCの停止時間を短縮します。Shenandoahは、同時コンパクションを含め、GC作業の大部分を同時進行で行います。…

Shenandoah GCの機能診断

Shenandoahは低い停止時間のガベージコレクタです。これは、実行中のJavaプログラムと同時に、より多くのガベージコレクション作業を行うことで、GCの停止時間を短縮します。Shenandoahは、同時コンパクションを含め、GC作業の大部分を同時進行で行います。…

Shenandoah GCの性能指針と診断

Shenandoahは低い停止時間のガベージコレクタです。これは、実行中のJavaプログラムと同時に、より多くのガベージコレクション作業を行うことで、GCの停止時間を短縮します。Shenandoahは、同時コンパクションを含め、GC作業の大部分を同時進行で行います。…

Red Hat認定資格を持っていると「できるエンジニア」と言われるのはなぜなのか

Red Hatの認定資格をご存知ですか? 全世界共通の認定資格で、Linuxシステム管理のコアスキルから、DevOpsの認定資格まで、Red Hatのテクノロジー・ポートフォリオを網羅する、さまざまな認定資格があります。 一番の特徴は、資格を得るための認定試験は、す…

Red Hat OpenShift Platform Plus のご紹介

こんにちは、Red Hat で Solution Architect をやっています 花田です。 本日は、OpenShift Platform Plus *1 という製品をご紹介したいと思います。 Red Hat OpenShift Platform Plus とは Red Hat OpenShift Platform Plus は( 正式名は少し長いので、以下…

Ansible で扱う変数

レッドハットの杉村です。Ansible のテクニカルサポートをしています。毎月1つは何か書くことを目標にしているのですが、3月があっという間に去ってしまいました。 今回はたまにお問い合わせいただく変数について紹介してみようと思います。Ansible のバージ…

Ansible Automation Platform 2.1 のご紹介 Part3 - アップグレード編 (その2)

皆さんこんにちは、Red Hat ソリューションアーキテクトの岡野です。 前回で AAP2.1 への移行の考え方と手法についてご紹介しました。今回、Isolated Node の移行についてご説明します。Automation Controller から直接アクセスできないホストに対するジョブ…

Shenandoah GCの実装概要

Shenandoahは低い停止時間のガベージコレクタです。これは、実行中のJavaプログラムと同時に、より多くのガベージコレクション作業を行うことで、GCの停止時間を短縮します。Shenandoahは、同時コンパクションを含め、GC作業の大部分を同時進行で行います。…

* 各記事は著者の見解によるものでありその所属組織を代表する公式なものではありません。その内容については非公式見解を含みます。