Red Hat Insightsで問題が顕在化する前に対処する

Red Hatの森若です。今回はRed Hat Insightsをご紹介します。 サポートとナレッジベース Red Hatのサポート窓口では、日々多数の問題を取り扱っています。取り扱った問題について公開可能かつ有益な情報はナレッジベースに蓄積され、サブスクリプションを持…

Ansibleでできることを中の人が教えます - インストールと実行〜EC2へのNginx投入までを学ぼう

Red Hat の杉村です。 若手エンジニア向けのメディアに記事を書きました。 Hello World からダイナミックインベントリの活用、Ansible Tower まで広く浅く解説してみましたのでご覧ください。 employment.en-japan.com

RHELの新元号「令和」対策お済みですか

Red Hatの平です。2019年5月1日から和暦が「平成」から「令和」へ移行します。皆さんのシステムは「令和」対策お済みですか? Red Hatでは2019年4月9日に、RHEL5 / RHEL6 / RHEL7を対象に新元号「令和」対応の修正パッケージをリリースしました。 access.red…

Red Hat Decision Manager - ルール再評価でPropertyReactiveがデフォルトに

Red Hatの松田絵里奈です。 オープンソースルールエンジンのデファクトスタンダード「Drools」の商用版である「Red Hat Decision Manager」について記事を書いています。 バージョン7からルール再評価の仕組みが改良され、Property Reactiveがデフォルトにな…

AWX を使ってみよう!

Red Hat の杉村です。Ansible のテクニカルサポートエンジニアをしています。 Ansible Tower は upstream のプロジェクトとして開発されている AWX を元にしています。本記事では、AWX をインストールしてみた記録を紹介しようと思います。AWX についてはこ…

Apache Camel - APIコンポーネントのテスト

Red Hatの佐藤匡剛です。 APIコンポーネントフレームワーク紹介記事の第4回目(最終回)です。前回は、フレームワークの中核であるAPIのマッピング設定を詳しく見ました。今回はプロジェクトを完成させるためのインテグレーションテストについて説明します。…

Apache Camel - APIコンポーネントフレームワークの高度な設定

Red Hatの佐藤匡剛です。 APIコンポーネントフレームワーク紹介記事の第3回目です。前回はこのフレームワークを使って、簡単なコンポーネントを作成してみました。今回は、現実のWebサービスAPIをコンポーネントに取り込むための高度な設定について見ていき…

Apache Camel - APIコンポーネントフレームワークを使ってみる

Red Hatの佐藤匡剛です。 APIコンポーネントフレームワーク紹介記事の第2回目です。前回はこのフレームワークが何なのかを説明したので、今回は実際にその使い方を説明します。 プロジェクトの生成 APIコンポーネントフレームワークを使ってカスタムコンポー…

Apache Camel - APIコンポーネントフレームワーク

Red Hatの佐藤匡剛です。 Apache CamelのAPIコンポーネントフレームワークについて紹介します。このミニフレームワークは個人的にCamelのキラーフィーチャーだと思っているんですが、日本語はおろか英語でも開発者本人のブログかRed Hat Fuseの公式ドキュメ…

Quarkusリリース

Red HatでOpenShiftのサポートをしているid:nekopです。3年前くらいまでJBoss Middlewareを主に担当していたので久しぶりなサーバサイドJavaネタとなるのですが、QuarkusというKubernetesネイティブJavaアプリケーションフレームワークをリリースしました。 …

OpenShift on OpenStackの一例

クラウドインフラ全般を担当しているソリューションアーキテクトの伊藤です。 はじめに OpenShiftを利用する際は様々な環境でデプロイすることができます。 以下の図のA. のようにオンプレミスでのデプロイは、コスト効率、柔軟性なインフラ構成、レガシーア…

Red Hat OpenStack Platform 14の新機能/改善ポイントの紹介

クラウドインフラ全般を担当しているソリューションアーキテクトの伊藤です。 今回はRed Hat OpenStack Platform 14の新機能と改善ポイントについて紹介いたします。 OSP14のリリースノート全文は以下のURLをご参照下さい。 https://access.redhat.com/docum…

Red Hat Enterprise Linux 8 での暗号強度設定を統合するcrypto-policies

暗号化スイートおよびプロトコルの設定 暗号はだんだん弱くなる 適切な設定は何か? crypto-policiesによる設定 crypt-policiesによるデフォルト設定はどう実装されているの? openssh serverの場合 openssl の場合 crypto-policies の注意点 まとめ 関連リン…

ビジネスプロセス管理アプリ - タスクの実行

Red Hatの梅野です。 前回の記事は、タスクのリストを表示させるために必要なソースをご紹介しました。 今回はタスクを実行するところをご紹介します。 タスクとは タスクにはいろいろな種類がありますが、全てのタスクの役割は同じで、「誰にアサインされた…

ビジネスプロセス管理アプリ - タスクリストの取得

Red Hatの梅野です。 前回の記事は、プロセスをスタートさせるために必要なソースをご紹介しました。 今回は、タスクリストを取得することを紹介したいと思います。 タスクリストとは、「自分がやらなきゃいけない仕事の一覧」、「仕掛中の仕事の一覧」、「…

Fuse開発標準 その1: Processor中でCamelコンポーネントの利用方法

レッドハットでコンサルティングしているフェンです。 最近、Red Hat Fuseの使ったプロジェクトで設計標準と開発標準の支援しています。そこで発生した現実な課題と解決策を皆さんに共有します。 因みに、同じ内容をQiitaでも公開しています。 Processor中で…

Camel K(=Kubernetes × Operator × EIP)の紹介

こんにちはRed Hatの Fuse/AMQ(Apache Camel/ActiveMQ/Kafka) のテクニカルサポート担当の山下です。 今回はCamel Kを紹介する Nicola Ferraro氏のブログの翻訳です。Camel Kというのは、Kubernetes上でネイティブに動作し、サーバレスおよびマイクロサービ…

ビジネスプロセス管理アプリ - プロセスのスタート

Red Hat で主にMiddlewareのプリセールスをやっている梅野です。 いわゆるBPMツールである、Red Hat Business Process Manager 7(以下RHPAMと略します)について書いていきます。 普通なら製品の紹介とかインストールの方法などから入るのでしょうけど、そ…

atlasmap.io に注目! (後編)

赤帽エンジニアAdvent Calendar 2018 21日目の記事の続編を公開しています。 playintegration.blogspot.com ぜひご覧ください。

Red Hat Enterprise Linux 8 のPython事情

Red Hatの森若です。 今回はRHEL8でのPythonがどのようにパッケージされているかを見ていきます。 Red Hat Enterprise Linux 8には"python"コマンドがない!? Red Hat Enterprise Linux 8 はインストール直後のデフォルト状態では "python" コマンドが存在し…

テクニカルサポートエンジニアの一日

Red Hat の杉村です。Ansible のテクニカルサポートエンジニアをしています。 今回は、我々テクニカルサポートエンジニアが日々どのような仕事をしているかを軽く紹介しようと思います。 わたしは 8:00-17:00 で勤務しています。 8:00 出勤 Ansible チームも…

Ansible Blogger 2018 当選者の発表! #ansiblejp

rheb.hatenablog.com 当選者発表! Ansible Bloggerへご参加、そして投票頂いた方々ありがとうございます! 投票が同率などありましたが、Qiitaのいいね数などを見て、以下の2名の方をAnsible Blogger 2018大賞とさせていただきます!以下の2名様には後ほど…

自動化プラットフォーム Ansible Tower 3.4.0 の注目機能

ソリューションアーキテクトとしてAutomation&Managementを担当している中島です。 本記事では、先日リリースされた Ansible Tower 3.4.0 の新機能をみていきます。リリースノートの全体はこちらから確認できます。 https://docs.ansible.com/ansible-tower…

RHEL8小ネタ: 大量にある"glibc-langpack-*" パッケージの謎からコンテナイメージのサイズ削減の工夫をみる

大量のglibc-langpack-* パッケージ glibc-langpack-* パッケージって何だろう? なぜパッケージを分割したのか? どれくらい効果があったのか? コンテナイメージの中をみてみる まとめ 大量のglibc-langpack-* パッケージ レッドハットの森若です。 RHEL 8 be…

OpenShiftノードのローリングyum updateを行う

Red HatでOpenShiftのサポートをしているid:nekopです。OpenShift 全部俺 Advent Calendar 2018 - Qiitaの18日目のエントリです。昨日の変化形です。 OpenShiftではAnsibleを使ってOpenShiftノードのローリングin-placeアップグレードを行うことができますが…

OpenShiftのサービスとPodを全て安全に停止する

Red HatでOpenShiftのサポートをしているid:nekopです。OpenShift 全部俺 Advent Calendar 2018 - Qiitaの17日目のエントリです。 レアなユースケースですが、クラスタを全停止したい、というケースがあります。単にホストをシャットダウンした場合は安全な…

OpenShiftでcontroller-runtimeを試す

あけましておめでとうございます。Red HatでOpenShiftのサポートをしているid:nekopです。OpenShift 全部俺 Advent Calendar 2018 - Qiitaの16日目のエントリです。 さて、過去2回でclient-goを直接利用する素のコントローラーを見ていきましたが、現在主流…

OpenShiftのカスタムコントローラーの標準形

Red HatでOpenShiftのサポートをしているid:nekopです。OpenShift 全部俺 Advent Calendar 2018 - Qiitaの15日目のエントリです。 前回はコントローラーのビルドの方法を解説しましたが、今回はもう少し実際の形のコントローラーがどのように構成されている…

OpenShiftでカスタムコントローラーのサンプルを動かす

Red HatでOpenShiftのサポートをしているid:nekopです。OpenShift 全部俺 Advent Calendar 2018 - Qiitaの14日目のエントリです。 OpenShiftで自動化をしたい、というときにカスタムコントローラーを作成するケースがあります。また、一歩進んでOperatorを作…

OptaPlannerで百名山を最短経路で制覇するのを妄想する

OptaPlannerで百名山最短経路で制覇を妄想する こんにちは。年末になり、今年は仕事でもプライベートでもチャレンジングな事があまり無くて、ぱっとしない一年だったなぁと振り返り中のレッドハット長谷川です。 はてさて、仕事はさておき、プライベートでチ…

* 各記事は著者の見解によるものでありその所属組織を代表する公式なものではありません