Quarkus Supersonic, Subatomic ハッカソンのファイナリスト

Red Hat で Solution Architect として Quarkus を担当している伊藤ちひろ(@chiroito)です。 この記事は、Quarkus.io のブログ記事、Announcing Quarkus Supersonic, Subatomic Hackathon Finalist の翻訳記事です。 Quarkus Hackathon Finalists Quarkus…

システム全体の暗号強度設定を統合するcrypto-policiesのカスタマイズ

Red Hatの森若です。 今回は、 crypto-policiesのカスタマイズ機能を紹介します。 crypto-policiesそのものについては、以下の記事で紹介しました。 rheb.hatenablog.com crypto-policiesはあらかじめ定義された数種類のプロファイルから選択することで、シ…

Quarkus がテストプロファイルをサポート

Quarkus 1.6のリリースにより、Quarkusはテストプロファイルをサポートするようになりました。これにより、同じモジュール内で複数の異なる設定を簡単にテストすることができます。この記事では、テストプロファイルとは何か、その使用方法の概要を説明しま…

OpenShift AWS IPIでSpot Instanceを利用する

Red HatでOpenShiftのサポートをしているid:nekopです。 OpenShift 4.5ではAWSのSpot Instanceを利用することが可能になっているので、普段テストなどに使っているAWSのクラスタにSpot Instanceを適用してコスト削減してみました。テスト目的のクラスタなの…

OpenShiftでプロジェクト単位でEventログをPodログとして出力するPodを作成する

Red HatでOpenShiftのサポートをしているid:nekopです。 Kubernetes/OpenShiftではEventログはデフォルト1時間から3時間といったTTL設定となっています。Podログをログ基盤へ集約する設定を行っていても、Eventログはetcd内に格納されているリソースであり、…

Red Hat による無料の Quarkus セッション Quarkus Day

Quarkus Day by Red Hat は、クラウドネイティブ開発の未来の一部になりたいと考えている開発者や開発者チームに特化した2日間のイベントです。イベントでは、Quarkus コミュニティのエンジニアやコミュニティメンバーに会い、Quarkus に関するあらゆること…

Red Hat Enterprise Linux for SAP Solutions ーRed Hat Insights Add-Onー

Red Hat Insights でのSAPシステム向けルール レッドハット ソリューションアーキテクト石倉です。 今回は、Red Hat Enterprise Linux for SAP Solutions(RHEL for SAP)での、 Red Hat InsightsのSAPシステム向けAdd-On に関して紹介します。 Red Hat Insigh…

OpenShift Advanced Cluster Management for Kubernetes (ACM) と AWS 環境への OpenShift の超簡単新規構築!!

皆様こんにちは、Red Hat ソリューションアーキテクトの岡野です。 私、ベースがインフラエンジニアでして、これまで Ansible のブログを沢山書いてきましたが、今回、ちょっと浮気して、OpenShift の注目の新機能、Advanced Cluster Management for Kuberne…

Red Hat Application Services NewsLetter 9月号

Red Hatのソリューションアーキテクトの伊藤ちひろです。 Red Hat にはクラウドネイティブアプリの開発に役立つ、Application Services のラインナップが充実していることをご存知ですか? ここでは、Red Hatの Application Services に関する注目ニュースを…

gRPC と Quarkus!

gRPCに馴染みがない方は、HTTP/2とProtobufに依存した高効率なリモートプロシージャコールの仕組みです。gRPC は、Go、JavaScript、Python、Java などの任意の言語から gRPC サービスを実装して利用できます。 gRPC は、より古典的なリクエスト/レスポンスの…

Red Hat Ansible Tower のパフォーマンス改善、3.6と3.7の比較

みなさんこんにちは。レッドハットの杉村です。Ansible のテクニカルサポートをしています。 昨日8月24日に Red Hat Ansible Tower Performance Improvements between 3.6 and 3.7 の記事が公開されました。Ryan Petrello, Imaanpreet Kaur, Charan Raj Musa…

Supersonic Subatomic GraphQL

「 GraphQL は、API 用のオープンソースのデータクエリおよび操作言語です。また、既存のデータを使ってクエリを実行するためのランタイムです。GraphQL は、クライアントから文字列を解釈ます。そして、あらかじめ定義された方法で、わかりやすく、予測可能…

Red Hat Enterprise Linux for SAP Solutions ーE4Sー

RHEL for SAP Solutions での特別なアップデートサポート(Update Services for SAP Solutions) レッドハット ソリューションアーキテクト石倉です。 今回は RHEL for SAP Solutions のアップデートサポートに関して紹介します。 Red Hat Enterprise Linux で…

Quarkus 1.6 リリース- AppCDS, Google Cloud Functions, GraalVM 20.1.0 など...

私たちはまだまだ急ピッチでQuarkusの改良に励んでいます。 もちろん、既存の機能やドキュメントの改善とバグを修正するだけではありません。私たちは非常に興味深い新機能もお届けしました。 - JVMモードでの起動時間を改善するためのAppCDSアーカイブの生…

Security Context Constrains(SCC)の適用プロセス on OpenShift

Security Context Constraints(SCC)を正しく設定するためにどのようなプロセスで適用されているか実例と実装を確認しながら解説させて頂きます。

Ansible Tower による VMware vSphere 環境の自動化 Part5 (仮想マシンの作成編)

皆様こんにちは、Red Hat ソリューションアーキテクトの岡野です。 Ansible Tower による VMware vSphere の自動化の第5弾です。 前回のPart 4では、info 系のモジュールを使った vSphere の構成情報の取得方法ついてご説明しました。 今回のシナリオ 今回は…

Red Hat Enterprise Linux for SAP Solutions ーSystem Roleー

SAP on RHEL for SAP Solutions でのSAPシステム向けSystem Role レッドハット ソリューションアーキテクト石倉です。 今回は RHEL for SAP Solutions の SAP システム System Role について紹介します。 SAP システム System RoleはSAP システム導入に必要…

Ansible Tower による VMware vSphere 環境の自動化 Part4 (構成情報取得編)

皆様こんにちは、Red Hat ソリューションアーキテクトの岡野です。 Ansible Tower による VMware vSphere の自動化の第4弾です。 前回のPart 3では、既存の vSphere クラスター環境に新規インストールした ESXi ホストを追加するシナリオを想定した Ansible …

Quarkus での CDI Beanのモック

お気づきでないかもしれませんが、新しいクラスローダーインフラストラクチャを検証するために、いくつかの大規模なテストフェーズを実施しており、前回のQuarkusのメジャーリリースから2ヶ月弱が経過しています。 我々のAlphas/CRをテストし、フィードバッ…

Fedora/CentOS Stream/CentOS/RHELの関係性

(注) 本記事は、Software Design 2020年6月号に掲載された「月刊Fedora Journal」初出の記事に修正を加えたものです。 Red Hat ソリューションアーキテクトの小島です。 Fedora系列の主要なLinux Distributionとしてよく名前が挙げられる、Fedora, CentOS, R…

コマンド・モードの導入

お気づきでないかもしれませんが、新しいクラスローダーインフラストラクチャを検証するために、いくつかの大規模なテストフェーズを実施しており、前回のQuarkusのメジャーリリースから2ヶ月弱が経過しています。 我々のAlphas/CRをテストし、フィードバッ…

Red Hat Middleware NewsLetter 8月号

Red Hatのソリューションアーキテクトの森です。 Red Hat にはクラウドネイティブアプリの開発に役立つ、ミドルウェアラインナップが充実していることをご存知ですか? ここでは、Red Hatのミドルウェアに関する注目ニュースを、各製品技術に特化したソリュ…

DockerユーザーのためのPodmanとBuildahの紹介

皆さま、こんにちは。Red Hatの西村(@iamnishipy)です。入社するまでDockerユーザーだった私が、わかりやすいと感じたPodmanの記事を共有いたします。 この記事はRed Hat DeveloperのPodman and Buildah for Docker usersを、許可を受けて翻訳したものです。…

IOスレッドとワーカースレッドが歩いていてバーに入っていくと:マイクロベンチマークの話

お気づきでないかもしれませんが、新しいクラスローダーインフラストラクチャを検証するために、いくつかの大規模なテストフェーズを実施しており、前回のQuarkusのメジャーリリースから2ヶ月弱が経過しています。 我々のAlphas/CRをテストし、フィードバッ…

Ansible Tower による VMware vSphere 環境の自動化 Part3

皆様こんにちは、Red Hat ソリューションアーキテクトの岡野です。 Ansible Tower による VMware vSphere の自動化の第三弾です。♪ 前回のPart 2では以下を説明したしました。 ・Ansible Tower のインストール ・必要なコンポーネント(vSphere Automation S…

AIとCOVID-19:Javaがこの戦いで看護師と医師をどのように支援するか

Red Hatのソリューションアーキテクトの森です。 ビジネスにおける最適化問題を解決するソリューションとして、Business Optimizerがあることをご存知でしょうか? Business Optimizerは、Red Hat Decision Manager に含まれるAI制約ソルバーです。限られた…

Red Hat Enterprise Linux for SAP Solutions ーHA Addonー

SAP on RHEL for SAP Solutions でのHigh Availability(高可用性) の構成概要 レッドハット ソリューションアーキテクト石倉です。 今回はSAPシステムのHigh Availability(高可用性)の構成方法について紹介します。 SAPシステムの高可用性は、SAPシステムが…

Qute - 別のテンプレートエンジンが必要な理由

お気づきでないかもしれませんが、新しいクラスローダーインフラストラクチャを検証するために、いくつかの大規模なテストフェーズを実施しており、前回のQuarkusのメジャーリリースから2ヶ月弱が経過しています。 我々のAlphas/CRをテストし、フィードバッ…

3scaleをCRCにデプロイ

レッドハットでRed Hat 3scale API Managementのテクニカルサポートをしている小西です。 3scaleを気軽に試せるように、ノートPCなどにデプロイする手順をまとめました。API管理製品とはどのようなものか、触れてみてください。 tech.notes.tkonishi.me 3sca…

AnsibleプレイブックとCodeReady Workspacesでワークショップのセットアップを自動化する

はじめまして、Red Hatの西村と申します。4月に入社して以来、初めての投稿です。よろしくお願いいたします。 この記事はRed Hat DeveloperのAutomate workshop setup with Ansible playbooks and CodeReady Workspacesを、許可を受けて翻訳したものです。 :…

* 各記事は著者の見解によるものでありその所属組織を代表する公式なものではありません。その内容については非公式見解を含みます。