OpenJDK

Cryostatの情報まとめ

Red Hat で Java Platform Advocate として OpenJDK を担当している伊藤ちひろ(@chiroito)です。 この記事は、Red Hat が主導して開発している JDK Flight Recorder を管理するツールである Cryostat に関するブログのまとめ記事です。 Cryostat 2.1 9つの…

9つの素晴らしいCryostat 2.1のアップデート

皆さんは、Java Flight Recorderを使ったことがあるのではないでしょうか。これは、Javaの動作状況を分析し、理解するための優れたツールです。開発中や本番で稼動している作業量を把握するのに重宝します。Cryostatは、コンテナとKubernetesに同じ機能を提…

Cryostat 2.1での不要な通知をフィルタリング

Cryostatは、Java Flight Recorder (JFR)でJavaアプリケーションを監視する際、常に通知を発行してきました。Cryostatのバージョン2.1では、提供される情報の量を増やし、表示されるものに対するユーザの制御を強化し、Cryostatの性能を向上させる通知のため…

Cryostat 2.1の新ダウンロードAPIでJFRデータに高速にアクセス

Cryostatは、Kubernetes上でJDK Flight Recorderのデータを管理するためのツールです。この記事では、JSON Web Token (JWT) に基づく新しいダウンロード API が、Cryostat 2.1 Web クライアントにおいて、より応答性が高く効率的なダウンロードの流れを促進…

Cryostat 2.1のサイドカーレポートによるリソース消費量の削減

Cryostatは、Kubernetes上でJDK Flight Recorderのデータを管理するためのツールです。Cryostatのバージョン2.1では、JDKフライトレコーディングの自動分析レポートを生成するために、サイドカーレポートコンテナを使用するオプションが導入されています。以…

Cryostat 2.1によるKubernetes上のJMX認証情報の管理

Cryostatは、Kubernetes上のJDK Flight Recorderのデータを管理するためのツールです。コンテナ化されたJava仮想マシン(JVM)上でJava Management Extensions(JMX)認証を有効にしている場合、CryostatはターゲットJVM上のJDKフライトレコーディングにアク…

CryostatとGraphQLによるインスタンス間のJFR管理

Cryostatは、Java Flight Recorder (JFR) を用いたJavaアプリケーションの監視をクラウド上で管理します。Cryostat 2.1では、複数のアプリケーション、コンテナ、Kubernetesポッドのフライトレコーディングを制御するためのGraphQLがサポートされており、強…

Cryostat 2.1でJFRデータを記録ラベルで整理する方法

Cryostat 2.1の技術プレビューリリースでは、コンテナで管理されたJavaアプリケーションを監視するJDKフライトレコーディングにメタデータやカスタムラベルを添付し、Cryostatを使ってそれらの記録を管理できます。記録のラベルは、クエリで記録を識別し、同…

Cryostat 2.1の新UIでJFRの自動化ルールを構築する方法

Cryostatは、Kubernetes上でJDK Flight Recorderのデータを管理するためのツールです。最新バージョンであるCryostat 2.1では、Cryostat 2.0でAPI機能として導入されていた自動化ルールのユーザインタフェースが一新されています。これにより、多くのJavaア…

OpenShiftでCryostat 2.1にログインする方法:SSOを使う

Kubernetes上でJDK Flight Recorderのデータを管理するツールであるCryostatは、Cryostat 2.1の技術プレビューリリースとして、Red Hat OpenShift上の組み込みOAuthサーバーに統合されました。OpenShift上のCryostatにログインすると、OpenShiftのログインペ…

コンテナ型アプリケーションにカスタム JDK Flight Recorderイベントを注入

JDK Mission Control (JMC) エージェントは、Java 仮想マシンを再起動することなく、ランタイムにカスタム JDK Flight Recorder (JFR) イベントを注入できる強力なツールです。JMCエージェントプラグインがコンテナ化されていない環境でエージェントを使用す…

OperatorHub.ioからKubernetes上へCryostat Operatorをインストール

Cryostat はコンテナネイティブのJVM アプリケーションで、JDK Flight Recorder(JFR) を使ってコンテナのプロファイリングと監視を行うためのセキュアな API を提供します。Cryostat 2.0では、他の機能として、OperatorHub.ioカタログの一部として提供されて…

JDK Flight Recorderデータへの高速アクセス方法

この記事では、Cryostat 2.0の特別なルール定義について紹介します。これにより、アプリケーションの通常スケジュールされたアーカイブプロセスを待たずに、JDK Flight Recorder (JFR) データにその場でアクセスできます。Cryostat の新しい `POST` ルール定…

JMCエージェントによるJVM性能監視

最近のJDK Mission Control (JMC) 8.1リリースに伴い、新しいJMCエージェントプラグインに目を向ける良い機会です。アップストリームにマージされたこのプラグインは、Javaアプリケーションを再起動または再構築することなく、実行中のJava仮想マシン(JVM)…

Cryostat 2.0によるカスタムJFRイベントテンプレート

Cryostat 2.0の使い方をハンズオンで紹介するシリーズにようこそ。この記事では、JDK Flight Recorder (JFR) を使用して Java アプリケーションを監視するためのカスタムイベントテンプレートを事前に設定する方法を紹介します。まず、新しい Cryostat Opera…

JDK Flight Recorderのコンテナでの自動化

この記事は、Cryostat 2.0、またはコンテナ用JDK Flight Recorderを使用するためのハンズオンガイドのシリーズの一部です。この記事では、自動化されたルールのためのCryostatの新しいAPIを紹介します。この API の簡潔ながら強力なルール定義を際立たせる 2…

CryostatによるカスタムターゲットのJavaモニタリング

デフォルトでは、CryostatはリモートJava Management Extensions (JMX)とJMX-RMIが有効な接続性を持つ、発見可能で有効なターゲットを自動的に認識します。発見機能は、Kubernetes APIベースのサービスエンドポイントやJava Discovery Protocol (JDP)など、…

Cryostatを使用するためのJavaアプリケーションの設定

この記事は、先日発表されたCryostat 2.0に続くものです。これは、Java アプリケーションで Cryostat 2.0 を使用するための、いくつかの手引き書の最初のものです。この記事では、Red Hat OpenShift 上で Cryostat を使用するために Quarkus ベースの Java …

Cryostat 2.0を発表:コンテナ用JDK Flight Recorder

Cryostat は、JDK Flight Recorder (JFR) を使用してコンテナのプロファイリングと監視を行うための安全な API を提供する、コンテナネイティブな JVM アプリケーションです。JDK Flight Recorderは、バイナリのフライトレコーディングに保存されたJFRイベン…

GraalVM ネイティブイメージのJDK Flight Recorderサポート:これまでの歩み

Red Hat で Solution Architect として OpenJDK を担当している伊藤ちひろ(@chiroito)です。 この記事は、Red Hat Developerのブログ記事、JDK Flight Recorder support for GraalVM Native Image: The journey so far | Red Hat Developer の翻訳記事です…

OpenJDK Shenandoah GC 日本語情報まとめ

Shenandoahは低い停止時間のガベージコレクタです。これは、実行中のJavaプログラムと同時に、より多くのガベージコレクション作業を行うことで、GCの停止時間を短縮します。Shenandoahは、同時コンパクションを含め、GC作業の大部分を同時進行で行います。…

Shenandoah GCの機能診断

Shenandoahは低い停止時間のガベージコレクタです。これは、実行中のJavaプログラムと同時に、より多くのガベージコレクション作業を行うことで、GCの停止時間を短縮します。Shenandoahは、同時コンパクションを含め、GC作業の大部分を同時進行で行います。…

Shenandoah GCの性能指針と診断

Shenandoahは低い停止時間のガベージコレクタです。これは、実行中のJavaプログラムと同時に、より多くのガベージコレクション作業を行うことで、GCの停止時間を短縮します。Shenandoahは、同時コンパクションを含め、GC作業の大部分を同時進行で行います。…

Shenandoah GCの実装概要

Shenandoahは低い停止時間のガベージコレクタです。これは、実行中のJavaプログラムと同時に、より多くのガベージコレクション作業を行うことで、GCの停止時間を短縮します。Shenandoahは、同時コンパクションを含め、GC作業の大部分を同時進行で行います。…

Shenandoah GCのサポート概要とバグ報告について

Shenandoahは低い停止時間のガベージコレクタです。これは、実行中のJavaプログラムと同時に、より多くのガベージコレクション作業を行うことで、GCの停止時間を短縮します。Shenandoahは、同時コンパクションを含め、GC作業の大部分を同時進行で行います。…

Javaの外からJavaにチェックポイントを設ける

Red Hat で Solution Architect として OpenJDK を担当している伊藤ちひろ(@chiroito)です。 この記事は、Red Hat Developerのブログ記事、Checkpointing Java from outside of Java | Red Hat Developer の翻訳記事です。 OpenJDKのJava仮想マシン(JVM)…

OpenJDK 8 and 11: まだまだ安心して使える

Red Hat で Solution Architect として OpenJDK を担当している伊藤ちひろ(@chiroito)です。 この記事は、Red Hat Developerのブログ記事、OpenJDK 8 and 11: Still in safe hands | Red Hat Developer の翻訳記事です。 2018年、オラクルは商用ユーザー向…

Red HatはどのようにしてOpenJDKを64ビットのArmに移植したのか:コミュニティの歴史

Red Hat で Solution Architect として OpenJDK を担当している伊藤ちひろ(@chiroito)です。 この記事は、Red Hat Developerのブログ記事、How Red Hat ported OpenJDK to 64-bit Arm: A community history | Red Hat Developer の翻訳記事です。 今年はAr…

Java 8ランタイム・コンテナ・イメージの作成とデプロイ

Red Hat で Solution Architect として OpenJDK を担当している伊藤ちひろ(@chiroito)です。 この記事は、Red Hat Developerのブログ記事、Creating and deploying a Java 8 runtime container image | Red Hat Developer の翻訳記事です。 Javaの実行環境…

新しい Red Hat Universal Base Images の OpenJDK ランタイムイメージで、無駄のない Java コンテナを構築

Red Hat で Solution Architect として OpenJDK を担当している伊藤ちひろ(@chiroito)です。 この記事は、Red Hat Developerのブログ記事、Build lean Java containers with the new Red Hat Universal Base Images OpenJDK runtime images | Red Hat Deve…

* 各記事は著者の見解によるものでありその所属組織を代表する公式なものではありません。その内容については非公式見解を含みます。