作るものへの共通理解を生み出す「ユーザーストーリーマッピング」

お疲れ様です!Red Hatの鈴木(tomosuzu)です!

今回は「ユーザーストーリーマッピング」です。

実際に作ってみたら思っていたものと違った

なんてこと防ぐために関係者全員の共通理解があることが大切です。

詳しくは下記のリンクからご覧ください。

tomosuzu.com

次回は「バリューストリーム・マッピングおよびプロセスマッピング」を紹介します。

さいごに

Red Hatでは、「アイデアをイノベーションに変える、文化・プロセス・技術・実践の場」として、

Open Innovation Labsを提供しています。

デザイン思考やDevOps、アジャイルやリーン開発などをRed Hatのコンサルタントと一緒に取り組むことができます。

過去記事

* 各記事は著者の見解によるものでありその所属組織を代表する公式なものではありません